About

都内から車で約2時間、南房総三芳に『ヤマナハウス』は位置します。江戸時代からつづく築200年とも300年とも言われる古民家、長年休耕地となっていた畑、背部にそびえる小高い裏山。里山は「古民家」「休耕地」「裏山」の三つの要素で成り立っています。ヤマナハウスは2500坪の敷地にこれらがコンパクトにまとまっています。

2015年春始動のヤマナハウスは、「シェア里山」をテーマに、20年近く人が住んでいなかったお化け屋敷状態の古民家を大掃除して、DIY、裏山の整備、休耕地の活用を通して、以前よりバージョンアップした里山に作り替えました。今でも毎月少しずつ手入れをしている未完成の里山です。

都市の人々にとっては2拠点生活の起点として、移住の準備として、気軽に里山に遊びに来れる環境であり、ふとやりたいと思ったことがすぐにできるところです。また、地元南房総の人々に出会える場でもあります。

里山とはただの自然ではなく、人の手が入って里山になっていきます。古き文化に学びながら新しいものも取り入れ、自然と共生した里山の新しい活用方法を愉しみながら提案していきます。

Located at Miyoshi District in Minamiboso City, 2 hours drive from Tokyo, Yamana House is surrounded by abandoned fallow fields and small mountains. The house is believed to be built more than 300 years ago. 

Since 2015, we have been working on the revival of this 300 years old house, its surrounding nature and fallow fields. We are aiming to re-create the lifestyle that people and nature live together which we call “Satoyama culture”.

《住×里山》ヤマナ月例アクティビティ -Monthly Yamana House-
《食×里山》里山バル -Satoyama Bar-
《学×里山》はじめての里山講座 -Introduction to Satoyama
《働×里山》南房総ワーケーション -Minamiboso Workation-
《物×里山》里山素材研究所 -Satoyama Material Lab-
《生×里山》安房生物よろず相談所 -Creatures in Boso-

Facebookページもやってます。 facebook.com/yamanahouse/


《住×里山》
ヤマナ月例アクティビティ  -Monthly Yamana House-

毎月1,2回、週末に集まっています。里山でリフレッシュしています。DIYしたり、土いじりしたり、裏山を整備したり、焚き火したり、ヤマナハウスのベースとなっている活動です。

形式はみんなで里山に集まり、そのときどき必要なことを一緒にやってみる、学び合うという形が主になります。20年近くの間、人が住んでいなかった家と、畑、そして裏山を手入れして、季節を旅しながら、変わりゆく過程を愉しんでいきましょう。

通常土曜の11時ごろに現地集合(バス停や駅までも迎え可)
⇒お昼にお弁当を一緒に食べる⇒午後から里山ワーク
⇒古民家の手入れやDIY、裏山の整備や畑仕事などそのときどきで様々
⇒スキルはあったら素敵、無くても大丈夫。教えてもらえるし何か得意なことはあるもの
⇒季節ごとに移ろう植物や生物も見つけたり、風を感じたり空を眺めたりしてみてください
⇒夕方早め、心地よい疲れともに作業を終える
⇒基本日帰りですが、そのまま築300年の古民家キャンプを体験することもできます

メンバー向けアクティビティですが、おためしゲスト参加も歓迎です。ヤマナメンバーについて詳しくは→ https://yamanahouse.site/join/


《食×里山》
里山バル  -Satoyama BAR-

里山の夜に美味しい料理と美味しいお酒を囲んで交流を楽しもう!毎回違ったゲスト料理人をお呼びして開催する大人気企画「里山バル」。移住者/2拠点生活者/地元の方々/東京からのゲストなど様々な人々が参加します。

お酒を飲んだ後は広~い居間でみんなで談笑したりゲームしたり、外で焚き火を囲んで語り合ったり。里山の自然と築300年の古民家を感じながら、楽しい夜をみんなで過ごします。


《学×里山》
はじめての里山講座 -INTRODUCTION TO SATOYAMA-

里山での生活、文化、趣味をイチから学べる講座です。それぞれに深く携わる達人たちから学びます。はじめての狩猟講座、ハーブ園講座、里山整備、里山文化探訪、染色や野草採集など各講座を通して「里山の本質を知る」ことに重点を置いています。

里山に関心のある方々が集まる講座ゆえ、一回限りの講座ではなく、その後もゆるやかな繋がりを持てるように交流の時間も大事にしています。
詳しくは→ https://yamanahouse.site/event/


《働×里山》
南房総ワーケーション -Minamiboso Workation-

WORK×VACATIONWORKATION!都心を離れて、仕事すること。「ワーケーション」と言うと耳慣れないかもしれませんが、目的はシンプルに自然のなかでリフレッシュすること。

まずは日帰りで気軽にいらして、自ら体験してみてはいかがでしょう。食もふくめて、アクティビティもいくつかご用意できます。従業員の満足度向上、ストレスマネジメント、相互理解など、一度のワーケーションで様々なメリットに活用ください。https://yamanahouse.site/workation/
 


《物×里山》
里山素材研究所 -Satoyama Material Lab-

コンセプトは「見落とされている里山の素材に光を当てる」日本の原風景ともいえる里山。かつて人々の生活に必要な資源すべてを生み出し、活用し、循環していく場でありシステムでしたが、里山は現代ではおおよそ忘れられた世界となりつつあります。

里山素材研究所では、これを勿体ないと考えます。「里山的視点=自然が生み出すどんなものも、人間の手と頭によって活用していく循環的思考」と捉え、里山で見落とされている素材を見つけ、あらためて光を当て、現代的な発想をもって活用していきたい。

商品には素材に手を入れ加工されたものもあり、素材そのままの状態で使いかたが委ねられているものもあります。「〇〇が欲しい」「▲▲なら協力できる」など要望・意見もお寄せください。コラボ大歓迎!
商品ページ>>> https://yamanahouse.site/event/


《生×里山》
安房生物よろず相談所 -Creatures in Boso-

里山で暮らす生き物にはすべて名前が付いていて、それぞれの衣食住があります。たとえば、猛禽類のサシバは生態系の頂点。春に南方から渡ってきて、カエルやヘビを食べながら子育てをして秋に帰ります。ヤマナハウスでも見られる貴重な種です。

あるときは鳥の鳴き声に耳を傾け、ときには昆虫を捕まえたり、野草を食べたり、どのような生き物がいるか調べてみましょう。分からない生き物がいたら、「安房生き物よろず相談所」に投稿ください。
https://www.facebook.com/bosolifeyorozu/


ゲストとして一度遊びに来てみたい方、YAMANA FRIENDSメンバー」としてワークショップなどに年間通して関わりたい方は、《お問合せ》よりお気軽にご連絡ください。

里山を使っての持ち込み企画やスペースレンタル(料金応相談)も歓迎です。