漁師×猟師

メンバーの沖が館山市で取り組む獣害対策支援。
罠で捕れたイノシシをヤマナハウスで解体することもしばしばありますが、今回は漁師さんを連れてやって来ました!

普段から魚を捌いている漁師さんのナイフ捌きは手馴れていて、手際よく肉が部位に分かれました。
肉は漁師仲間と食事会で食べるとのことでした。

里山は「山」と名称に入りますが、その実際は海も包括した資源循環の仕組みです。現代の漁師と猟師が出会って技術交換するのも必然なのかもしれません。ヤマナハウスも海へ進出か!?

Submit a comment

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中